ソファのある部屋

安定した品質を誇っている

ツーバイフォー工法は、木造住宅における工法の一つで、アメリカでは住宅の殆どがこの工法によって建設されています。構造的にも非常に強く、2X4インチの部材で枠組を組んで、そこに剛性を備えた構造用合板を貼り付け、モノコック構造とすることで耐震性能を強化しています。このモノコック構造は、面で支える事で耐震化を図っていますが、在来工法と比較して2倍程度の耐震性があるため、地震に対しても申し分ない性能を発揮してくれます。
事実、阪神大震災においてもツーバイフォー工法の木造住宅は殆ど被害報告がなく、構造的性能も優秀である事が伺えます。
また、2インチを基本とした規格は非常に合理的なもので、施工業者の技量により住宅の良し悪しが左右されることないので、安定した品質を誇っている工法でもあります。さらに、材料の調達も容易なのでリフォームなども簡単に行う事が可能です。最も注目すべき点は施工性の高さにあり、ツーバイフォー工法であれば工場である程度まで組み上げてパネルを製作しておけば、後は現場でクレーンを使用して一気に建設が行えるので、建築工期も比較的少なくてすみます。日本では、あまり普及していない工法ですが、各ハウスメーカーなどでも様々な工法が考案され、徐々に広がりをみせている工法です。木造住宅を建設する時には、検討してみても悪くない工法です。


TOP

Copyright © 2016 木造住宅は沖縄に住んでいるこだわりを持っている人におすすめ All Rights Reserved.