ソファのある部屋

バリアフリーを考えた間取りの木造住宅

長く住むことのできる木造住宅の建てかたについて書いていきます。今回は老後のことから木造住宅の寿命を伸ばす方法を考えてみます。
住民が年をとったとき、住宅をバリアフリーにリフォームしなければならなくなるかもしれません。この時に大掛かりなリフォームを必要としない間取りの家を、最初から建てておくことが木造住宅の寿命を伸ばすことになると思います。リフォームに多額の資金が必要になるとき、建て替えが検討される場合が多いからです。最近の新築住宅は段差の無い家がほとんどだと思うので、その点は問題ないと思います。
我が家の場合、木造住宅を新築した時に考えたのは、年をとって足腰が弱り階段が上れなくなったときに、一階部分だけでも生活することができる間取りにすることでした。その為、キッチン、お風呂、トイレ、洗面所といった生活に必須の設備は全て一階の持ってきました。一階のトイレの出入り口は通常より少し広目の物にしてもらいました。小さな車椅子ならギリギリですが通れると思います。一人でトイレが出来なくなったときに補助の人と一緒に入ることを想定してのことです。
廊下も車椅子でも通れるようにと邪魔になるだろう柱の位置を一本分ずらしてもらい、少し広くしてあります。一階には広いリビングと続き間の和室があるので、生活するスペースと別にベッドを置く部屋を確保できます。よかったら参考にしてみてください。


TOP

Copyright © 2016 木造住宅は沖縄に住んでいるこだわりを持っている人におすすめ All Rights Reserved.